読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完食

ふつうに日記みたいなもんです

2分の2の1ヶ月

こんばんわ。

なんか特有の挨拶があるといいな、、私は朝はおはちんって言うんです。SNSでだけどね。夜は何かな。こんばちん、おそちん…おそちんはなんか悪口っぽいからやめようか。ていうか普通にこんばんはでいいか。

はー、どうでもよ。こんばんは。

最近毛布と布団をかぶって寝たら寝汗をかくようになってきた。徐々に春なのかーって思うと新しい生活への不安とかがむくむくと出てくる。昔から春は全然わくわくしなくてただただ泣きそうになるのよね。寂しいとか変わってく不安とか。もうすぐ4年間住んだ部屋ともお別れすることになっていて(全然片付けが進まない)、なんかちょっと寂しい。

私の部屋は引越してきた当初は隣に誰も住んでなかったんだけどドンドンと壁を叩く音がめっちゃしていて今思えばちょっとアレな部屋だったのかなとか思います。

そんなアレな部屋でしたけど、何だかんだここは青春の舞台でしたね。恋などもしたし友達も来てくれたりしたし語らいもしたよ。

大学生ってすぐ老いてる感出すけどまだぼくらは青春時代なんだぜ…という気持ち。まだまだ若いよね、4回生のうちらだってまだ新卒だもん。三十路になったとき若かったなあとか痛かったなぁとか思いたい、痛さは心配しなくても日々恥ずかしい出来事を積み重ねているから大丈夫そう。なんなら三十路になっても痛そうで心配だ…(^-^)

どんな三十路になるんでしょうね。結婚したり子供がいたりするんでしょうか。

どうなるのかじゃなくてどうしたいか決めないと、とよく言われますがなかなか難しいなあ。見据えて走ってきた人が強いのはもちろん分かってるんだけどな〜。今までを振り返ればなんでも行き当たりばったりだもんな、高校も大学も。もっと勉強しておけばよかったなという瞬間はあるけど7年間を自分の面白いって思うことの勉強に使えたから後悔とかはない。就職も今は不安でぐらつくけど振り返った時にオッケーって思えればいいなあ、まずは目の前のことを精一杯こなすことなのかな。わたしがいま一番すべきことは引越しの片付けなんだろうな。ぜんぜんできてないな。ダメウーマン。

明日は労働だから寝よう。稼いだお金でロフトベッドを買うのだ。おやすみちん。

広告を非表示にする