読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完食

ハンバーグは3ヶ月に1回

ちょろりこぼれる

こんばんは。とりとめなく書きます。

 

バイトの話

 今月からアルバイトを始めました。7月末に前のバイト先を辞めてから約3ヶ月ぶりの労働です。9月に内定を頂いてからも卒論を言い訳にここまで働かずに過ごしてきました。夏休みは沢山遊んで楽しかったですし、9月からは授業が週に1コマになりいまだかつてない有り余る時間がありました。しかし時間があっても私という人間はギリギリにならないと課題に取り組まない怠惰な性格で、実質卒論に向けて本格的に稼働していたのは提出前2週間くらいでした。おかげで大変でした。人間ってマジになればこんなに書けるんだと感動すら覚えました。それが先月末の話です。

 働くことを決めたのは就活や卒論が落ち着いたことと、冬の訪れで精神的にヤバくなってきていることもあり、ちゃんと人間的な暮らしをしよう、お金稼いじゃおう!という考えです。大阪にはあと4ヶ月しかいないし、そもそもシフト調整をする元気がないので派遣にしましたよ。主に軽作業です。現場では人望ある系ギャルのお姉さんが良くしてくださいました。帰り道、駅に向かって歩いている時とても爽快でした。久しぶりこの感じ!

労働ってカッツカツになるとすごい嫌になるけど基本的には喜びがあるなあと思います。3ヶ月間まるっと暇してほぼニートしていたのでその喜びもひとしおです。

暇は大事だけどありすぎると体に悪いです。春からも一生懸命働いて借金返します♡

 

泣いちゃう人の話

「涙が出ちゃうのには理由があったから多くの人に理解して欲しい」といった旨のツイートがTL上に流れてきていろいろ思う事がありました。ツイッター(大好き)だと一気にたくさん書けないし、この隔離された地・ブログに書こうかなと思います。

 完全に私は泣いちゃう側の人間なので「泣けばいいと思っている」「メンタルが弱い、面倒くさい」と言われたことがあります。

私が面倒くさいやつなのは本当なのでそこは一切反論できませんが、まさか泣けば済むだなんて思っていないし、気持ちの高まりで涙が出てしまうのは自分でもどうしようもない部分なのでそうしたことを言われるのは超悲しいです。

 ていうか、私の体感として泣いて損したことのほうが圧倒的に多いので泣けば済むっていう発想にならない。そもそも泣いちゃう人の多数は自分の立場を有利にするために泣くとかそういうことができる器用な人じゃないですよね。気持ちを伝えたいけど言葉がうまく出てこなくて、泣いちゃいけないの分かってるのに泣けちゃって、望んでない方に転んでしまったり、自分を思い切り否定される時があるから辛いんだよね。わかるわかる。大丈夫?あったかいココアいる?

 ただ多くの人が理解してくれるのは無理だと思ったほうがいいかもしれない。気持ちが高ぶっちゃう場面というのはおそらく相手もそんなに気持ちに余裕が無いことが多いのではないかな。だから理解を求めるだけになるのは良くないんじゃないかと思います。泣かれちゃったらどうしたらいいか分かんなくなっちゃうしすごい悪者にされた気分になったりとかするし、多分こちらを気遣う余裕なんかないんですよね。お互い余裕なしだからよけいにこじれちゃったりすることがある。

 たぶんお互い諦めたほうがいいですね。この諦めるというのはポジティブな意味で言っています。たぶん泣いちゃう人とそうじゃない人は仕組みが違って、分かり合えない。泣くサイドは我慢しても出るものは出るのもしょうがないって開き直ればいいしこの人にはわからないって割りきっておくと私の場合は少し楽です。

理想は向こうも諦められたらいいですね。「この人出ちゃうタイプか〜」って思ってくれたら相手も楽になるんじゃないかと思います。

 とはいえ私はダメダメで、泣いたことによる失敗体験がトラウマ化していてうっかり泣いてしまった瞬間嫌われる!!って思って「ちがうの〜〜〜〜嫌わないで〜〜〜」って余計に号泣したりします。ひどいもんです。頭でわかってても近い人ほどわかって欲しいし難しいね。そもそも人には欠点があるものだから、そういう部分も含めて自分の近くにいてくれる人たちを大切にするのがいいんだと思います。

結局だいたいの欠点はそこに帰結しちゃいますね。すいませんありきたりで。ただの日記なので…。

 

今日はおしまい。

明日も働くぞ。おやすみなさい。