読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完食

ふつうに日記みたいなもんです

家族の話

部屋が散らかっている。

 

家事全般が苦手なのだけれど片付けは壊滅的に苦手分野で、中学1年生の時には私の部屋は床がまったく見えなくなるほど物があふれ、散らばり、ベッドの上にも荷物がこんもりと盛られ、床を適当にかき分けたスペースで寝ていた事がある。そして部屋の乱れは心の乱れだと父に大変怒られた。

 

当時父は体調を崩しており、毎日のように「殺せー!」などの叫びが家に響いていた。今思えばそら心も乱れるわという話である。しかし本人も辛かったことと思うし、そして我々家族の苦しみも深かった。

それからも母がグレたり弟の反抗期があったりして家庭の空気はピリついていた。家計も厳しく学校に行く交通費が無いと言われたこともあった。虚言か?というほど家族のエピソードに事欠かない家である。

 

今は父も元気になり、家族仲もわりと上手くいっているので安心してほしい。母が体調を崩したこともあったが、いまは元気に働いている。相変わらず家計の余裕はないが冗談の飛び交う温かいファミリーヽ(;▽;)ノいえーい

 

破天荒な祖父をはじめ、とにかく私の一族は色々ありすぎるのだが親戚たちはやたら明るい。

人に話すとヤバい家と言われることもあるし私自身そう思う所もあるが、数々の事件がありながらこの明るさ。リスペクトである。最近も20年くらい抱えていた問題がやっといい方へと向かい始めた。なんだかんだで最終的には乗り越えてきてるあたりが身内ながら本当にすごいし、私のホープである。

 

私自身は気に病みやすい性格、そしてナメられる特性。ほんと生きづらいわー!来世は威圧感のある高身長美女に生まれてきたい!って思う時がしょっちゅうあるんだけど人様から明るいなどと言われることが多々あるので私も一族だなと思うし、ほんと賑やかさ、明るさを武器に頑張りたい。昔みたいにポップになりてえ!つって無理して明るく振舞ったりやりたくない道化に徹すると突然頭がパーンってなって壊れるので程々にしながら。

マッキーじゃないけどどんなときも私らしくあるために好きなものは好きと言える気持ち抱きしめてたいね。それと、嫌なことはやんわり嫌と言いたいよね。苦手なんだよね。顔には出るけどね。

 

話があちこち行ってしまった。いらないものを捨てたらすこし部屋が広くなったよ!いつか使うのいつかは大体来ないよね。

 

文章の終わり方がいつもわからない。

シンプルに。

おしまい。

 

 

 

 

広告を非表示にする