読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完食

ハンバーグは3ヶ月に1回

好き勝手書く

   2016年の下半期がはじまったらしい。今年の7月は就活の真っ只中で未来を決める正念場だ。でも夏。どうしても浮き足立ってしまう。色のパキパキ感とか日焼け止めの匂いとか、19時なのに明るかったりとか、なんでこんなにそわそわするんだ。

 

ふだん暮らす街(まじ魔界)もかなり良いもんに見える。

 

なんだ、とにかく夏が好きだ。

夏のアイコンが好きだ。スイカ、花火、海、サイダー、ひまわり、そうめん。プール帰りのセブンティーンアイス(食べきるまでにめっちゃ溶けてくる)。ああ、こんなに夏を愛すのになんでわたしは夏生まれじゃないの。

 

とまでは思わないけど。べつにいい。クリスマスベイビーでも。

 

夏。

 

わくわくするし情緒的でもある。夏の切なさは高校生ぐらいになってやっと気づきはじめた。          今やそうめん食べながら『大好き五つ子』と『キッズウォー』を見たことや、地元のプールに友達と行ったことすら切ない。

 

夏の思い出ってなぜだか強く濃く残ってて、ほぼ記憶が飛んだ義務教育の出来事でもちゃんと思い出せるものは夏休みだったりする。

 

そういえばわたしに呪いをかけたっていうかまじ愚かさを悔いる失恋が人生にふたつあるんだけど、どっちも夏だった。今でもいきなり思い出してウワァーってなる。めっちゃしっかり覚えてる。とにかく惚れっぽかったから失敗したんだ。やだよね惚れっぽいって。なんかかっこわるいし。だけどわたしを立ち直らせたのもまた惚れっぽさな気がする。んー、これいらなかったかも。まあ好き勝手書くってタイトルにしたし。久しぶりだし。

 

 

ていうか、これ昨日の朝から書いてるの。ちびちびっとずつ。今日も最高に夏い気候だね。倒れちゃわないように麦茶飲もう。

バイト行ってきま、おぇ。