読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完食

ハンバーグは3ヶ月に1回

ちょろりこぼれる

こんばんは。とりとめなく書きます。

 

バイトの話

 今月からアルバイトを始めました。7月末に前のバイト先を辞めてから約3ヶ月ぶりの労働です。9月に内定を頂いてからも卒論を言い訳にここまで働かずに過ごしてきました。夏休みは沢山遊んで楽しかったですし、9月からは授業が週に1コマになりいまだかつてない有り余る時間がありました。しかし時間があっても私という人間はギリギリにならないと課題に取り組まない怠惰な性格で、実質卒論に向けて本格的に稼働していたのは提出前2週間くらいでした。おかげで大変でした。人間ってマジになればこんなに書けるんだと感動すら覚えました。それが先月末の話です。

 働くことを決めたのは就活や卒論が落ち着いたことと、冬の訪れで精神的にヤバくなってきていることもあり、ちゃんと人間的な暮らしをしよう、お金稼いじゃおう!という考えです。大阪にはあと4ヶ月しかいないし、そもそもシフト調整をする元気がないので派遣にしましたよ。主に軽作業です。現場では人望ある系ギャルのお姉さんが良くしてくださいました。帰り道、駅に向かって歩いている時とても爽快でした。久しぶりこの感じ!

労働ってカッツカツになるとすごい嫌になるけど基本的には喜びがあるなあと思います。3ヶ月間まるっと暇してほぼニートしていたのでその喜びもひとしおです。

暇は大事だけどありすぎると体に悪いです。春からも一生懸命働いて借金返します♡

 

泣いちゃう人の話

「涙が出ちゃうのには理由があったから多くの人に理解して欲しい」といった旨のツイートがTL上に流れてきていろいろ思う事がありました。ツイッター(大好き)だと一気にたくさん書けないし、この隔離された地・ブログに書こうかなと思います。

 完全に私は泣いちゃう側の人間なので「泣けばいいと思っている」「メンタルが弱い、面倒くさい」と言われたことがあります。

私が面倒くさいやつなのは本当なのでそこは一切反論できませんが、まさか泣けば済むだなんて思っていないし、気持ちの高まりで涙が出てしまうのは自分でもどうしようもない部分なのでそうしたことを言われるのは超悲しいです。

 ていうか、私の体感として泣いて損したことのほうが圧倒的に多いので泣けば済むっていう発想にならない。そもそも泣いちゃう人の多数は自分の立場を有利にするために泣くとかそういうことができる器用な人じゃないですよね。気持ちを伝えたいけど言葉がうまく出てこなくて、泣いちゃいけないの分かってるのに泣けちゃって、望んでない方に転んでしまったり、自分を思い切り否定される時があるから辛いんだよね。わかるわかる。大丈夫?あったかいココアいる?

 ただ多くの人が理解してくれるのは無理だと思ったほうがいいかもしれない。気持ちが高ぶっちゃう場面というのはおそらく相手もそんなに気持ちに余裕が無いことが多いのではないかな。だから理解を求めるだけになるのは良くないんじゃないかと思います。泣かれちゃったらどうしたらいいか分かんなくなっちゃうしすごい悪者にされた気分になったりとかするし、多分こちらを気遣う余裕なんかないんですよね。お互い余裕なしだからよけいにこじれちゃったりすることがある。

 たぶんお互い諦めたほうがいいですね。この諦めるというのはポジティブな意味で言っています。たぶん泣いちゃう人とそうじゃない人は仕組みが違って、分かり合えない。泣くサイドは我慢しても出るものは出るのもしょうがないって開き直ればいいしこの人にはわからないって割りきっておくと私の場合は少し楽です。

理想は向こうも諦められたらいいですね。「この人出ちゃうタイプか〜」って思ってくれたら相手も楽になるんじゃないかと思います。

 とはいえ私はダメダメで、泣いたことによる失敗体験がトラウマ化していてうっかり泣いてしまった瞬間嫌われる!!って思って「ちがうの〜〜〜〜嫌わないで〜〜〜」って余計に号泣したりします。ひどいもんです。頭でわかってても近い人ほどわかって欲しいし難しいね。そもそも人には欠点があるものだから、そういう部分も含めて自分の近くにいてくれる人たちを大切にするのがいいんだと思います。

結局だいたいの欠点はそこに帰結しちゃいますね。すいませんありきたりで。ただの日記なので…。

 

今日はおしまい。

明日も働くぞ。おやすみなさい。

家族の話

部屋が散らかっている。

 

家事全般が苦手なのだけれど片付けは壊滅的に苦手分野で、中学1年生の時には私の部屋は床がまったく見えなくなるほど物があふれ、散らばり、ベッドの上にも荷物がこんもりと盛られ、床を適当にかき分けたスペースで寝ていた事がある。そして部屋の乱れは心の乱れだと父に大変怒られた。

 

当時父は体調を崩しており、毎日のように「殺せー!」などの叫びが家に響いていた。今思えばそら心も乱れるわという話である。しかし本人も辛かったことと思うし、そして我々家族の苦しみも深かった。

それからも母がグレたり弟の反抗期があったりして家庭の空気はピリついていた。家計も厳しく学校に行く交通費が無いと言われたこともあった。虚言か?というほど家族のエピソードに事欠かない家である。

 

今は父も元気になり、家族仲もわりと上手くいっているので安心してほしい。母が体調を崩したこともあったが、いまは元気に働いている。相変わらず家計の余裕はないが冗談の飛び交う温かいファミリーヽ(;▽;)ノいえーい

 

破天荒な祖父をはじめ、とにかく私の一族は色々ありすぎるのだが親戚たちはやたら明るい。

人に話すとヤバい家と言われることもあるし私自身そう思う所もあるが、数々の事件がありながらこの明るさ。リスペクトである。最近も20年くらい抱えていた問題がやっといい方へと向かい始めた。なんだかんだで最終的には乗り越えてきてるあたりが身内ながら本当にすごいし、私のホープである。

 

私自身は気に病みやすい性格、そしてナメられる特性。ほんと生きづらいわー!来世は威圧感のある高身長美女に生まれてきたい!って思う時がしょっちゅうあるんだけど人様から明るいなどと言われることが多々あるので私も一族だなと思うし、ほんと賑やかさ、明るさを武器に頑張りたい。昔みたいにポップになりてえ!つって無理して明るく振舞ったりやりたくない道化に徹すると突然頭がパーンってなって壊れるので程々にしながら。

マッキーじゃないけどどんなときも私らしくあるために好きなものは好きと言える気持ち抱きしめてたいね。それと、嫌なことはやんわり嫌と言いたいよね。苦手なんだよね。顔には出るけどね。

 

話があちこち行ってしまった。いらないものを捨てたらすこし部屋が広くなったよ!いつか使うのいつかは大体来ないよね。

 

文章の終わり方がいつもわからない。

シンプルに。

おしまい。

 

 

 

 

今月はおでんを3回食べた

 昨日、22歳になりました。

学園祭と被ったので派手な格好をし、アホみたいな装飾品を付け、お友達におめでとうと言ってもらい、プレゼントまで頂いてしまい、素敵な音楽を生で聴くことも出来て、好物のナンも食べて、とてもとても嬉しい楽しい1日を過ごしました。

友人の皆様にはほんとうに感謝しかありません。合掌~〜!

 

f:id:ohachinnnn:20161030202018j:image

 こちら夕飯のインドカレーです。何かと戦いそうなポージングですね。

 

なんかいろんな話したけど、ガラケー時代の文化の話で盛り上がって、うちらも歳をとっていってるなー!って感じがしましたね。

 

iPhoneに頼りまくっているので今更ガラケーに戻ることは出来ないんですけど、あの時代はあの時代で良かったなと思います。デコメの絵文字とか、GIFの通知画像とかめっちゃ集めてたなあ。

いまはスマホ主流だし、画像編集アプリも沢山あるから今時の中学生の画嬢はめっちゃクオリティ高いのではと思っています。どうなのだろうか。

 

みんなが画嬢職人になっていけるヽ(;▽;)ノ

 

2010年代後半もいい時代だねヽ(;▽;)ノ笑

 

もうすぐ今月も終わります。10月。楽しかったし追い込まれたよ。君がいなくなるといよいよ本当に寒くなるね。

 

今日は早く寝たい。おわり。

おもひでぽろぽろ

2011年 夏

 

 高校に入学して初めてできた友達に彼氏が出来た。いきなり「付き合うことになったの」と言われた時は何も聞かされていなかったことに少しさみしさを覚えたりもしたけれど幸せそうな二人を見て嬉しくもあった。

 

そしてあれは大親友の彼氏のツレだった。

 

美味しいパスタもなければ優しい笑顔もなく、一目惚れでもないけれど仲良くなって、勢い余って付き合った。

 

そして即別れた。

 

とにかく私の容姿は今よりもかなり丸く、なかなかパンチが効いていた。そして内面はこじらせていてもっとパンチが効いていた。スクールカースト下位層。たぶん頑張ったけど好きになれなかったんだと思う。

自分でも大して好かれていないのはわかっていたし別れを切り出された時も「ああ、ついに来たか」くらいのものだった。しかしちゃんと好きだった。だから翌日学校に行って友達の顔を見たら涙が止まらなかった。友達は私をしっかり抱きしめてくれ、そして傷心の時にありがちではあるがラーメンを食べに行こう、と言った。

 

 

 

 

「おいしいね」

「ね」

 

塩ラーメンを言葉少なめに啜る。おいしいものは人を黙らせる。店内に有線放送が流れているため沈黙は気にならなかったのだが。

 

いつもいっしょに いたかった 

 

となりで わらってたかった

 

すごいタイミングである。

プリンセス・プリンセスのMが流れてしまった。

 

無言で、ラーメンを啜る。気まずい。お互いに言葉が見つからない。いかに気を遣わせない発言をするか、考えれば考えるほどにわからなくなっていく。結局Mが終わるまで私たちはただ、ラーメンに集中するふりをした。正直、Mが流れている間はもう味がわからなかった。

 

16の夏はあっけなく過ぎた。その後何故かよりを戻す運びになり、そしてまた即別れた。

私の恋は思い合っている喜びみたいなものもなにもなく、ほんとに形だけみたいなもので、プリンセス・プリンセスのMに感情移入できるほど内容も無かった。

だから本当は友達も私も黙らなくてよかった。今思えば「まって、これ感情移入できるほど一緒におらんかったよつらい…」でげんきだしてひでちゃん!でよかったと思う。それか店長、ヘビメタチャンネルに変えてくださいでよかったと思う。

 

あれからもう5年経った。

ロンドンオリンピックもリオオリンピックも過去の話だ。いまでも思い出すといろんな感情が入り混じって惨めな気分になる。この一件があったからなのか、ひでちゃん彼氏出来ても絶対浮気されるとか言われるようになった。あの時もう躓かないと思ったがわりとよくつまずいたし転んだ。強く生きよう。卒論が辛いから休憩でした。

 

むちゃむちゃホリデー

 おはちん。ひでこさんだよ。

 もう8月ですね、オリンピックに高校野球。アツい話題いっぱいです。私はインドア派なのですが大学生になってからオリンピックやら高校野球やら楽しく見れるようになりました。ので。けっこうエキサイティングな8月を過ごせるんじゃないかしらと思っておりますよ。

 さて、私自身の近況といたしましては8月1日から昨日までの5日間実習に行っていたことくらいでしょうか。毎日早寝早起きでした。そのため今日は「ゆっくり寝るぞー!」と意気込んでいたんですが8時ごろには目が覚めてしまい洗濯やら掃除やら溜まっていたものを片付けました。なかなか有意義といえますね。

 午後は「卒研…」と思い日活ロマンポルノについて書かれた本を読んでいたのですが(私の研究テーマはアダルトビデオにおける女性像なのです)、監督インタビューのページに「ロマンポルノも作品数が増えてくると何をやるか悩んでしまう。なるべく新しいものとは思うのだが」という旨の発言がありまして。これはアダルトビデオにはどの程度当てはまるのか?ということを考えていたんですね。以下はちょっと自分用の覚書のつたない考察です。

 

 私は、アダルトビデオは新しさを追っている一方でテンプレも続いていると感じています。

というのも女優さんの価値が重視されているので凝った斬新な物語にする必要ってあまりなくて、同じような設定、同じような展開であっても違う女優さんだったら違うものになるし(厳密に言えば映画だってそうだけど)、セックスの手順はそう大して変わらないからセックスを見て「あー、どっかで見たなこれ」ってならないと思うんですよ。だいたいどっかで見た、体験したことだから。だからテンプレでもあんまり問題は無いなと思います。

 その一方でSODなんか顕著ですけれどバラエティ番組の延長みたいな企画の作品があります。これは新しいことをしよう!みたいな部分がありますね。「なにそれ?!」って興味を持ってもらわないといけないから。まあマジックミラー号とか人気シリーズだとね、だいたいお決まりじゃねえかってところはあるんだけど。

 アダルトビデオはだいたいほんとにセックスするしセックスする女の子こそが商品だからポルノ映画より制約なく映像を作れるって部分が大きく違っているなって思ってきたぞ。

 観客の多くは今で言うアダルトビデオを見る感覚で日活ロマンポルノ作品を見に行っていた(現代人からするとありえない感覚かもしれませんが映画館で自慰をする男性がけっこういたそうです)というところもあるのですが、しかし日活の看板もありますし、しっかり映画として成立していなければならないのです。最後ぶっかけられてカメラどんどん引いてって終わりってわけにはいかないのです。現代でも日活ロマンポルノを評価する声はあるし研究しておられる方もいらっしゃるけれど、当時映画館に通っていた観客の多くがアダルトビデオに奪われていってしまったのはなんだかさみしく思うなあ。とか思いました。まあ私はロマンポルノのファンではないんだけどねー(((^-^)))

 

80年代に突入してからの作品がどうも好きになりそうとか思っているんだけどね。ピンクのカーテンとか。もすこし色々落ち着いてから観よーっと。

 

ではわたくし神奈川帰ります

 

無事に着きますように((('-')))

 

おやすみなさいませー!

ああまじサンシャイン

 今日は面接に行ってきました。どうなることやら。まあ縁があればつぎへ進むだろーってこの期に及んでお気楽です。

 

 夕方、涼しくなってきたので犬達と散歩へ行きました。行く前がいちばんハイテンションで奇声を発して暴れるから大変。なんかバカ殿っぽい声出すん。いつもだけど。そしてあちこち行きたがる彼らをなんとか導き

f:id:ohachinnnn:20160729220233j:image

ばーん!海ー!なんか影がカオナシみたい!

地元の海はちょっと久々です。海の家からサザンの「君こそスターだ」が聴こえてきてなんかまじいいなー!って思いました。アゲアゲ。なんか桑田さんはあまりこの曲好きじゃないらしいけどね、私は結構好きですね。

 

f:id:ohachinnnn:20160729220722j:image

海を見つめるハッチさん。たのもしい。

 

f:id:ohachinnnn:20160729220855j:image

なんか疲れてるハッチとぶーちゃん。と私の影。行く前にはしゃぐからいっつもすぐ疲れるのだ!おばか!

こうして砂まみれになったので帰宅後は風呂へ直行。ふかふかいい匂いになりました。

 

f:id:ohachinnnn:20160729220942j:image

 すやすや気持ちよさそうなハッチさん。と父の足。笑

 

実家に帰るといつも家にこもってゴロゴロしがちなんだけど、こういうのもいいな。浜辺で焼いてるお姉さんとかざばざば海の中に入って遊ぶでかいわんことかなかなかいいもの見れました。

 

むかしは地元の夏があまり好きじゃなかったけどすごく好きになってきた気がします。道行く人のビーサン率が高いとか裸足で道を歩くサーファーとかわらわらやってくるじもっぴーじゃない人達とか。テンション上がりますね。

 

f:id:ohachinnnn:20160729223513j:image 

f:id:ohachinnnn:20160729223333j:image

 

やばい寝顔でおしまい。たのしかったね!

 

 

 

コーラは200mlでいい

 夕方くらいから知らない間に寝落ちしたりしてました。なんかすっきりしない。前にブログを更新してからかなり日数がたちました。そろそろいろいろ書きたくなりました。

 

こういうの、小さいことでも毎日更新できた方がいいんやろうなとか思うんだけど。まあいいか。

 

〈名前の話〉

 ブログのHNを三度飯ひで子にしました。物悲しい下ネタなコラムとかゆるい漫画とか書いていそうな名前です。書きませんけど。物悲しい感じは出していきますね。そっと「がんばれ、、!」って思われる感じで生きていきたい。三度飯ってね。友達が考えてくれたんだけどね。合ってる。わたしに。

バイトがある日など朝食を抜きがちなのでぜひ三度の飯をちゃんと食べるようにしよう。なんか食べよう。パンとか。

 

〈キョートシティ〉

に行ってきました。目的が大好き金爆ちゃんのライブだったためあまりゆっくり観光もせずでしたが、清水寺のあたりはすこし歩きました。坂がえぐいよね。

 

 大学生になってから京都は何度か訪れたことがあるのですが、あの辺りは中学校の修学旅行ぶりに行ったのでうわーーー!記憶がーーー!ってなりました。

あまり修学旅行の記憶が残ってないんだけど断片的に楽しかったシーンは思い出せる。ちょっと恥ずかしいんですけどズグダンズンブングンゲームとかしてた気がする多分((('-')))笑

すっかり忘れてたけどさ…私もしかして思春期はじけまくってたんじゃない?って思ってきたよ。陰キャではあったけど。

 

話を戻して肝心のライブね。まじでひでこさん正気を保つことできなかったよ。余韻でバイト3連勤余裕で乗り越えられたもん。金爆ちゃんまじすごい。きみはいつもぼくの薬箱さ震えるこの胸らいおんハーーー(;_;)

 

〈ひでこinギャルランド〉

 実は京都の4日後にあゆのライブに行ってきました。年上ギャルのお姉さんたちがたくさんで、イメージ通りだ…と思いました。

ちなみに一緒に行ったお姉さんもかなりギャルでした。わたしも浮かれポンチ感出そうとサングラスを頭に乗せましたがギャルにはなれませんでした。

 いざ開演すると声援とか先導してるのはなぜかおじさんたちであゆのファン層に謎が深まりました。野太い声で「あゆーー!好きだーーー!」言うてたよ。おっちゃんたち。とても輝いてたよ。

内容はかなり強烈にエンターテイメントでした。みんなで歌うところ何気に歌えてしまって幼少期の記憶すげえ…!って思いました。そして雰囲気に飲まれやすい私はアンコールで泣きました。あゆー!つったもん。

不安に思ってましたがとにかく楽しかったです。

 

あー、明日提出のキャプションさっさと作って寝よ。ばいちん!