読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完食

ふつうに日記みたいなもんです

22歳でこれからでジャーニー

なんかずっと現実感がない。自分の事なのに他人事みたいな感覚。慌ただしいからなのかもしれない。この2週間を振り返るとはちゃめちゃに慌ただしかった。おセンチな気分に浸る暇はあまりなくてただただ目の前のことをやっていくような。昨日が卒業式で、ついに私は学生じゃなくなった。ていうか31日までは学生身分なんだけど学生証を返してしまったので証明できるものがない。卒業証書とかになっちゃいそう。

どこまでも続くような気がしていた学生生活はいつの間にか終わってしまって、今日も新しく住む部屋を決めたりとか、どんどん状況が変化している。頭ではしっかり理解出来ている、のに、気持ちとか実感とかが追いついてこない。

なんかねー、頭の中で思う4年という年月と実際に大学で過ごしたものが同じ長さなの信じられないよね。そのくらい超高速で毎日が過ぎた。楽しいばかりではなかった。そんなの当たり前だけど。

なかでも劣等感との戦いはすごかった。みんな私にないものをたくさん持っていて、面白くて、しかも自分の芯がしっかりしている。それに比べて私は流されやすいし、なにもないなあ。と思ってみじめになったりした。

ほかにもいろいろ、人間不信を起こしたり、恋人に依存したり、まじ殺すとかしか考えられなくなったり、心があまりおだやかではなかった気がする。もう振り返ったら恥ずかしくて死にたいくらい最悪なことたくさん思ったし、したし、言った。だけど友達を辞めずにいてくれた人たちもいて、本当にありがとうと言いたい。し。あわよくばまだ友達でいてほしい。

ってここまではわりと平常心で書いてたんだけど少しずつ実感がわいてきたよ。さみしいねほんとに。

最近すこし人見知りが良くなってきて、人となんとなく仲良くするとかがそんなに難しくないことになったけど、面白いと思うことを共有して一緒にめっちゃ笑えるのとかすごい幸せなことだなって感じる。あーーやっぱ楽しかったな。卒業やだな。でもみんなと卒業出来て良かったな。思い切って大阪に行きたいって言ってみて良かった。まさかほんとに行かせてくれるとは思わなかった。感謝。

一緒に卒業できなかった人たちも、バイト先で出会った人たちも私と知り合ってくれて、仲良くしてくれて、ほんとにほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。学科やサークルが辛い時もあって、そんなときに話を聞いてくれたり遊んでくれたおかげでぶっ壊れずにバランスをとることが出来ました。おかげでめっちゃ元気です。ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

大学生活で出会った人たちの中には今やどこで何してるかわかんなくなった人もいて、それは手繰り寄せる力のなさとか熱量のなさとか色々あるけどやっぱり出会えてうれしいと思うし、ちゃんと思い出は残っている。もしもまた会えたら何話せばいいか戸惑っちゃうかもしれないけど、でもまた会えたらいいな。これ綺麗事なのかなとか思ったけど、ほんとに会えたらいいなって思うしね。

はー、4回生になってみんな年寄りみたいな顔してたけどこれからは若手だね。超やばいね。頑張ろうね。荒波とかすごいの来るかもしんないけど話聞くくらいならこんな私にも出来そうだよ。まじしあわせになろうな。あいしてる。

 

もうまとまんないな。卒業まじでおめでとう我々~!

 

 

350mlで酩酊(さくら味)

 おはちんって言ってもいいかしら。ひでこよ。

 今日も実家でだらだらとしているばかりだし、なんかやたらに足がつってしまうのでちゃんと動かないとやばいよなあと思っているんだけどずっと寝間着で三角座りしてオカルトまとめサイトなんか読んでいた。実家は食料が飽和していて最初の何日間かは最高だな!!!ってなりながら冷蔵庫を物色してたんだけどそろそろ食べるとか飽きてきて、ていうか生きることへの執念がやや薄れてきた。死にたいとかそういう事ではないし全然生きる気満々なんだけどやっぱり実家はリスクが少ないからいろいろと鈍ってきてしまった。ほんとにね、生きねば感がない。ていうかその気持ちいらないもんな。持たなくてもじゅうぶん生活が営めてしまう。守られているくらし。色々あったりはしたけど現状だけで言えば私の実家はあったかくて良い家庭なんだろうなと思う。家族すきだし、弟たちもめちゃ平和ボケしているし。

 そんななかで最近は子供にこういう安らぎを与える家庭を用意してあげられるんだろうか、そもそも家庭とか築けるんだろうかと思うことが増えた。ぜんぜんみえない。22歳だから当たり前っちゃ当たり前なんだろうけど。でも自分の母親に置き換えてみればもう数カ月後には縁もゆかりもない神奈川に来て父と結婚して、言ってる間に妊娠して来年の秋には私が生まれている。ヤバい。親とはいえ他人の人生なんだけど、でも、22歳になってからずっと頭の片隅にそれがあって。そもそも私にとっての幸せって何だろうとかもうね、ものすんごく哲学してて。

 女の子って幸せそうに見えるか否かプロレスみたいなのあるじゃないですか、私自身もそれでマウンティングっていうんですか?されたこともあってほんと忘れらんないんだけど。誰がいちばん幸せっぽい感じかみたいなので争う人たちもいるんでしょうね。女の幸せはこう!みたいなのって若い世代でもけっこう固定概念みたいなところあるし。なんかね〜、勝手にわたしの幸せを決めてくれるなよって思うよね、ほんと。

とはいえ友達が優しい彼氏と結婚して地元から1時間位のところに住むとかならすごい親孝行だな〜とも思うし嬉しいし、祝いやすいってところはあるよね。誰が咎めるっていうのこんなお手本のようなやつ。正直わたしも異性に選ばれるかどうかってところで自分の価値を推し量っちゃったりしちゃうときたくさんあるしな。

でもさでもさ、友達とかさ「わたし今幸せだよ」って言うならなんでも祝いたいよな、犯罪は怒るけど。それ以外だったらわりとなんでも良いと思う、あと健康であれば良いと思う。なんかもうマウンティングされても揺らがないくらい自分の幸せを確立したいなって思う。それが一番かっこいいよなあと思う。女の子としてももっと逞しくなりたい。体の話じゃなくて心の話ですよ。おしゃれだって化粧だって誰かに選ばれるためじゃなくて自分のためで、結果的に素敵になれてたらすごいいいなって思うよ。

は〜〜〜

理想ばっかりになっちゃった〜〜

明日は少し久しぶりに大阪に行く。めっちゃたのしみ。

遅くなる前に寝よ!

 

ロンリー5時は違うチャップリン

 寝れないなあと思う夜にブログを書いてみようとすると知らないうちに寝てしまっている。ふしぎ。ほんとは文章書くの苦手なんだろうなと思う。頭を使おうとするとたちまち眠気に襲われてしまう。でも残しておきたいからちゃんと書きたいなと思う、自分が何をしてたか、何を考えてたかがわかる何かがあるとなんかいいと思う。手帳も律儀につけ始めた高3の時からのものは捨てれない。もう認めざるをえないけどわたしはわたしへの関心がすごく高いんだな〜〜。

 話は変わるけどこないだちょっと久々にみなとみらいに行きました。not遊びだったんだけどやっぱり最高のロケーションでどうしてもうきうきしてしまった。いつもは桜木町から歩くけどめずらしくみなとみらい線を使ったら電車きれいだしこのまま渋谷まで行けちゃう、こんなきれいな電車で渋谷まで行けるのやべえな!と興奮を抑えることができなかった。だって湘南新宿ラインは汚くはないけどなんか空気が淀んでいるんだよ。とにかくね、神奈川→東京の私鉄電車が好きなんだ。目的地がおんなじでも気持ちが全然違うよ。そういうのないですか。関西だったら京阪とか阪急がきれいでアガるかも。なんかさー、電車ってたのしいよね。ほんとそれだけなんだ言いたかったのは。

 

3月16日、楽園ベイベーを聞きながら。ひでこ

雑味がすごい

ちょっとひと段落したのでだらっとブログを書いている。

 

●名前の話●

今更なんだけど、私の名前は秀子という。

ひでこ。別に変わった名前じゃないんだけど平成生まれにしては珍しい名前で、小さい頃はからかわれたりもしたし可愛い名前に憧れてたから気に入っていなかった。最近は褒めてもらえたりするのと、覚えてもらいやすいので嫌ではない。でもなんかいい雰囲気の時とかに名前を呼ばれると面白くなっちゃってもう集中できなかったりはある。もしかしてわたしが一番しっくりきてない、っていうかひでこって名前にウケるって思ってるのかもしれないよね。あと秀という字に人間が追いついてなくてヤバい。思ってること(=私が伝えなきゃ誰にもわからないこと)を人に伝えることすらままならない。適当なおしゃべりはなんとなーくできるんだけどな。難しぃ。

 

●文字の話●

今思ったけど、あいうえお などを小文字に変える文化、今のティーンエイジャーに受け継がれているのかな?私もあまりする方では無かったんだけど最近になって使いたくなる時がある。どこをちっさくするかのさじ加減はよく分かんないんだけど。文字だとか文章ってものは難しくて、とくに人とのやり取りは苦手だ。かつて付き合いたての彼氏にメールを返すのに30分以上悩んで、悩んだ末かなりキラキラメールになってしまい「死ね」だか「ウザい」だか返ってきた事があった。うちの犬が一切懐かなかった彼は元気にしてるだろうか。これはもう5年以上前の出来事だけど、未だにスマホ握って手汗かいてる日があります。でも深く考えるとたいてい失敗するような気がする。だからブログもさらさらっと書くべきな気がする。気張って必死に書いた論文だって大したこと書けないんだからな~。とりあえず書いてみるとりあえず送ってみるっていうのが大事なんだろな。

 

●不気味の話●

人と仲良くなり始めというか自分の生活の中に人が溶け込み始める時期っていうのはすこし不安な感じがするんだけど、それは人の生活の中に自分が溶け込んでいくことでもあって、それがめっちゃ怖いのかなと思う。

するりと溶け込んでくる人ってときどきいるじゃん、あたかも前からあなたの暮らしの中にいましたよみたいな感じの人。そのナチュラルさが怖かったりしますね。いつも「あー、、不気味の壁、、」って思う。し、愛着を持ち始めたりとかするのがすごい怖いなと思う。多分こういうのも難しく考えないほうがいいやつ。

 

なんか暗くない?まあいっか!

 

広告を非表示にする

2分の2の1ヶ月

こんばんわ。

なんか特有の挨拶があるといいな、、私は朝はおはちんって言うんです。SNSでだけどね。夜は何かな。こんばちん、おそちん…おそちんはなんか悪口っぽいからやめようか。ていうか普通にこんばんはでいいか。

はー、どうでもよ。こんばんは。

最近毛布と布団をかぶって寝たら寝汗をかくようになってきた。徐々に春なのかーって思うと新しい生活への不安とかがむくむくと出てくる。昔から春は全然わくわくしなくてただただ泣きそうになるのよね。寂しいとか変わってく不安とか。もうすぐ4年間住んだ部屋ともお別れすることになっていて(全然片付けが進まない)、なんかちょっと寂しい。

私の部屋は引越してきた当初は隣に誰も住んでなかったんだけどドンドンと壁を叩く音がめっちゃしていて今思えばちょっとアレな部屋だったのかなとか思います。

そんなアレな部屋でしたけど、何だかんだここは青春の舞台でしたね。恋などもしたし友達も来てくれたりしたし語らいもしたよ。

大学生ってすぐ老いてる感出すけどまだぼくらは青春時代なんだぜ…という気持ち。まだまだ若いよね、4回生のうちらだってまだ新卒だもん。三十路になったとき若かったなあとか痛かったなぁとか思いたい、痛さは心配しなくても日々恥ずかしい出来事を積み重ねているから大丈夫そう。なんなら三十路になっても痛そうで心配だ…(^-^)

どんな三十路になるんでしょうね。結婚したり子供がいたりするんでしょうか。

どうなるのかじゃなくてどうしたいか決めないと、とよく言われますがなかなか難しいなあ。見据えて走ってきた人が強いのはもちろん分かってるんだけどな〜。今までを振り返ればなんでも行き当たりばったりだもんな、高校も大学も。もっと勉強しておけばよかったなという瞬間はあるけど7年間を自分の面白いって思うことの勉強に使えたから後悔とかはない。就職も今は不安でぐらつくけど振り返った時にオッケーって思えればいいなあ、まずは目の前のことを精一杯こなすことなのかな。わたしがいま一番すべきことは引越しの片付けなんだろうな。ぜんぜんできてないな。ダメウーマン。

明日は労働だから寝よう。稼いだお金でロフトベッドを買うのだ。おやすみちん。

広告を非表示にする

迫る迫るマーチ

お久しぶりですね。ひでこです。

 

はああ。2月がおわっちゃいますね。早いような長かったような1ヶ月です。

先週くらいから就活支援サイトのCMががんがん流れてますね。去年のちょうど今頃は漠然とした焦りの中で就活来るで~〜!と煽られてる感じがしてそれはもう大嫌いでした。

今年はというと社会人になることに不安を感じながら、引越しの準備をしないとなぁ、と思いながら過ごしています。思ってるだけでぜんぜん準備が進みません。来月の1週目には綺麗に片したいんですが散らかってる。生活感がすごい。ダンボール取りに行くのめんどくさいな~〜!!!!!!

なかなか引っ越すという実感が無くて、ここ3日くらいでやっと、本当に大阪を去るんだなあという実感が出てきました。ずっと地元に帰るんだって決めて就活やら何やらしてきたわけだけどやっぱりすこし寂しいなーって思ってしまいます。民度やばい土地だし寒いしクソ田舎だし電車は高いし、あんまり好きな街じゃなかったんですけど、4年もいれば友人や良くしてくれる方々もいるわけで。別れはつらいです。

 

んー!ていうか最近ばちくそ眠たい。自分でも引くくらい睡眠に対して貪欲。ていうか常に何かしかの欲望が渦巻いてる状態で、ミスドのマシュマロのやつ食べたいなあってこれまた毎日思っています。はあおやすみなさい。

 

広告を非表示にする

口の中は傷だらけ

 今日は予定一切なし。卒業をかけた締め切りもない。こういう日は久しぶりなのではないかな、嬉しい。嬉しいけどすこし勿体無い気もしてしまう。派遣入れても良かったなあなんて思ったりもしている。でもお家でもやることはあるんやけどね。掃除、洗い物、引っ越しの準備。そこそこ早めに起きたにもかかわらず何にも手付かずで、グラノーラを食べてさらに洗い物は増えてしまった。小さい頃からお片づけのことでめちゃめちゃ両親に怒られていたことを思い出す。何回か家を追い出された。超怖かった。超怖かったことだけちゃんと覚えていて、片付けを心がける気持ちは全く身についていない。なんということでしょう。不出来な娘です。

 高校生になるまで全く気づかなかったんですが私は世間知らずなんですね。義務教育のあいだは行動範囲や門限がやたらに厳しかったし、家事なんてほんとにしたことがなかった。母は長いこと専業主婦で、手伝いを申し出ると弟と遊んでてと言われるので私のお手伝いはウルトラマンとリカちゃんを使ったお人形遊びだった。遊んでしかない。揚げ物の仕方も高校生になって知ったし、預金口座の作り方も洗濯機の回し方も一人暮らしを始めてから知った。まじでなんにもできないまま大阪に来た。

忘れもしない、一人暮らしで始めて作ったごはん。炒り玉子。

f:id:ohachinnnn:20170204114749j:plain

※写真はイメージです

 

ホームシックになって、泣きながらフライパンから直食いしました。それに比べるとだいぶ進歩したなと思います。だいたい手抜きだけどごはんも一応作るし。

その後の洗い物はめっちゃ嫌いだけど。

一人暮らしをしてみてわかったのはできないことがいっぱいでもなんとか生活できてしまうということ。必要に迫られればできるようになるということです。

 

掃除機くらいはかけようかな。

 

おわちん

広告を非表示にする